私たちと一緒に関西の山歩きを楽しみませんか?

六甲遊歩会ではただいま会員を募集しています。

今後の予定については遊歩カレンダー」のページをご覧ください。

応募については参加申し込み・お問い合わせ・リンク」のページをご覧ください。

六甲遊歩会トピックス



7月13日(土) 夏の沢沿い遊歩 そして六甲高山植物園で花を見る

コース:有馬口駅~逢山峡~小川谷~六甲高山植物園~石切道~渦森橋

7月の月例遊歩は、沢沿いを歩いて六甲高山植物園を目指す遊歩です。集合時間から雨が降り出しましたので、各々レインウエアや傘、ザックカバーで雨対策をして、神戸電鉄の有馬口駅前を出発です。

じとじと雨の登りは、やや蒸し暑さを感じましたが、沢からの冷気が爽快です。逢山峡では、道と並行して流れる沢を登るパーティが見えました。道は整備されているものの訪れる人が少ない様で、倒木を超え、枝を振り払いながら歩きました。途中オカトラノオ、ウツボグザ、ユキノシタ等の花を見ることが出来ました。

小川谷は結構な坂で、息が上がりましたが、皆がんばって歩き六甲高山植物園に到着し、昼食と高山植物観賞タイムです。コマクサやニッコウキスゲ等様々な花が、雨にぬれて返って鮮やかに感じられたと思います。

下山は石切道を通り、渦森橋まで歩きました。全体を通してあいにくの天候となりましたが、雨とアジサイもたっぷり味わった、梅雨らしい遊歩でした。


月10日(土) 東六甲 ゴルジュの冒険 

コース:JR生瀬駅~赤子谷左俣~岩倉山~塩尾寺~観音滝~仏舎利塔~宝塚

8月の月例遊歩はJR生瀬駅からメダカが泳ぐ水路沿いに進み、蝉しぐれの赤子谷左俣に入ってゴルジュ帯を目指しました。

最近晴れの日が続いていたものの、赤子滝の水量は予想よりも多く、涼味満点でした。その後は沢登りを繰り返し、まもなくゴルジュ帯に到達。両側から迫る大きな岩は圧巻でした。

いくつかの小さな滝の横を登り、昼過ぎに六甲全山縦走路近くの送電線下に到着。強い日射しを避けて、木陰で昼ご飯にしました。

午後は縦走路から少し横道にそれた展望スポットに向かい、大阪方面や宝塚・西宮の眺望を楽しんだあと、岩倉山山頂を経て塩尾寺(えんぺいじ)へ。冒険も終盤です。

塩尾寺の細くて急な裏参道を慎重に下り、行場でもある観音滝に降り立ち、再び清流の滝を見上げてしばらく和みました。

仏舎利塔で最後の眺望を楽しんだあと、賑やかな宝塚の街へと下山しました。

猛暑でも谷道は涼しくて、夏にぴったりのコースでした。


他のページもぜひご覧ください。

ご利用の端末によっては画面上部にメニューバーが表示されませんが、その場合は画面左下の「サイトマップ」から他のページをご覧ください。